出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸幕府の銀貨鋳造所。勘定奉行の管轄下にあった。慶長6年(1601)伏見に設けられ、のち駿府・京都・江戸・大坂・長崎に移転したり新設されたりしたが、その後江戸に統合された。明治2年(1869)造幣局の設置に伴い廃止。
《慶長17年(1612)から寛政12年(1800)までがあったところから》東京都中央区の地名。京橋の南から新橋の北に至る中央通りの東西に沿う地域で、日本を代表する繁華街。また、全国各地の繁華街や人通りの多い場所、ある物が集中する場所の名に付けて用いる。「アルプス銀座」「台風銀座」

出典:青空文庫

出典:gooニュース

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/関東]カテゴリの言葉