出典:デジタル大辞泉(小学館)

金色のトビ。神武天皇が長髄彦 (ながすねひこ) を征伐したとき、弓の先に止まり、味方を勝利に導いたという。