• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

きん‐せん【金線】例文一覧 2件

  1. ・・・袖の金線でボオイだということが分かる。その手は包みを提げているのである。おれは大熱になった。おれの頭から鹿の角が生える。誰やらあとから追い掛ける。大きな帽子を被った潜水夫がおれの膝に腰を掛ける。 もうパリイへ行こうと思うことなんぞはおれ・・・<著:ディモフオシップ 訳:森鴎外「襟」青空文庫>
  2. ・・・ しかしにぶい日光がその葉の上にただよった時葉の縁には細い細いしかしながらまばゆいばかりの金線が出来てつつましく輝きながら打ち笑む様を見た時に、―――― やがて見て居るうちにはわけのわからない涙がにみじ出して心の中には只嬉しさと謙譲・・・<宮本百合子「繊細な美の観賞と云う事について」青空文庫>