出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 琴の糸。

  1. 心の奥深くにある、物事に感動・共鳴しやすい感情を琴の糸にたとえていった語。「心の琴線に触れる言葉」

[補説]2は、「琴線に触 (ふ) れる」で成句となり、良いものに感銘を受ける意で使う。不愉快になる意で用いるのは誤用で、その意味では「気に障る」「癪 (しゃく) に障る」などの表現がある。→琴線に触れる[補説]

出典:青空文庫