きん‐そうば〔‐サウば〕【金相場】 の意味

  1. 金市場で成立する金の価格。
  1. 江戸時代、金貨と銀貨との交換比率。元禄13年(1700)金1両を銀60匁と公定したが、貨幣改鋳や需給などによって相場は日々変動した。

きん‐そうば〔‐サウば〕【金相場】の慣用句

  1. きんそうばかいしょ【金相場会所】
    • 江戸時代、主に金為替銀為替の売買を行うために大坂に設置された取引所。ここでの交換比率が標準相場となった。