• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

きんだい‐くみきょく【近代組曲】 の意味

  1. 19世紀後半以降に発達した器楽曲の形式の一。オペラ・バレエ・劇音楽などの一部を抜粋し、いくつかの自由な形式の管弦楽曲として配列したもの。チャイコフスキーの「くるみ割り人形」、ビゼーの「アルルの女」など。