出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、商品の価格を銀の量目 (りょうめ) ()で表し、銀貨を本位に商取引をしたこと。大坂を中心に行われた。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉