出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 金または金色の金属で作った、刀の鍔。近世、伊達 (だて) な風俗とされた。

  1. 金鍔焼き」の略。

  1. ぜいたくで華美な人。

    1. 「―は余程かうじた山師なり」〈柳多留・五〉

  1. 主君の寵愛 (ちょうあい) を一身に集めている人。

    1. 「―と人によばるる身のやすさ/芭蕉」〈猿蓑

出典:青空文庫