出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「きんおう」の連声 (れんじょう) 》天子のために忠義を尽くすこと。特に江戸末期、佐幕派に対し、天皇親政を実現しようとした思潮。また、その政治運動。尊王。「勤王の志士」