ぎん‐ぱつ【銀髪】 の意味

  • 名詞
  • ぎん‐ぱつ【銀髪】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ お河童にして、琴の爪函を抱えて通った童女が、やがて乙女となり、恋になやみ、妻となり、母となって、満ち足りて、ついには輝く銀髪となって、あの高砂の媼と翁のように、安らかに、自然に、天命にゆだねて思うことなく静かにともに生きる――それは尊・・・

      倉田百三「女性の諸問題」