出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 金箔 (きんぱく) をおいた水引。

  1. 金箔をおいた元結 (もとゆい) 。金元結。

  1. バラ科の多年草。道端や山野に生え、高さ0.5~1.5メートル。葉は羽状複葉で、小葉は長楕円形。7~9月、黄色の小花を穂のようにつける。果実を包む萼 (がく) には鉤 (かぎ) 状の毛があり、動物などに付着する。

[生物/植物名]カテゴリの言葉