出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 文中の言葉のひと区切り。

  1. 詩歌の構成上の単位。

    1. 和歌俳句などで、韻律上、5音または7音からなるひと区切り。また、その組み合わせでひとまとまりとなったもの。「上 (かみ) の句」

    2. 漢詩で、4字・5字・7字などからなるひと区切り。

  1. 連歌連句発句 (ほっく) 。また、俳句。「句を詠む」

  1. 慣用句やことわざ。

  1. 言語単位の一。

    1. ㋐単語が連続して一つのまとまった意味を表し、文を形成するもの。また、それが文の一部分をなすもの。フレーズ。

    2. ㋑二つ以上の単語が連なって、あるまとまった意味を表し、一つの単語と似たような働きをなすもの。「副詞句」

    3. ㋒文の構成要素の一つで、一つの自立語、または、それに付属語のついたもの。文節。

[接尾]助数詞。連歌の各句や俳句などを数えるのに用いる。「一句浮かんだ」

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉