• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あべ‐こべ の意味

  1. [名・形動]位置・順序・方向などが通常の状態とは反対であること。また、そのさま。さかさま。逆。「あべこべな(の)意見」「手順があべこべだ」
  • 名詞
  • あべ‐こべの例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 譚はふだんのおしゃべりにも似ず、悠々と巻煙草に火をつけてから、あべこべに僕に問い返した。

      芥川竜之介「湖南の扇」

    • ・・・と、あべこべに医者をやりこめるのです。

      芥川竜之介「仙人」

    • ・・・君はデカルトが船の中で泥棒に遇った話を知っているかと、自分でも訳のわからない事をえらそうにしゃべったら、そんな事は知らないさと、あべこべに軽蔑された。

      芥川竜之介「田端日記」