出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接尾]《上代語》活用する語に付いて名詞化する。四段・ラ行変格活用の動詞や助動詞「けり」「り」「む」「ず」などはその未然形に付き、形容詞にはその古い未然形「け」に付く。ただし、助動詞「き」には、その連体形に付く。
  1. 主語または連用修飾語となって、

    1. ㋐「…すること」「…するもの」の意を表す。

      「あかねさす日は照らせれどぬば玉の夜渡る月の隠ら―惜しも」〈・一六九〉

    2. ㋑「…する所」「…する場所」の意を表す。

      「梅の花散ら―はいづくしかすがにこの城 (き) の山に雪は降りつつ」〈・八二三〉

    3. ㋒「…するとき」の意を表す。

      「み吉野の山の嵐の寒け―にはたや今宵も我 (あ) が一人寝む」〈・七四〉

  1. 「言ふ」「思ふ」などの意の動詞に付いて、引用文を導き、「…することには」「…するのは」の意を表す。

    1. 「寺々の女餓鬼申さ―大神 (おほみわ) の男餓鬼賜 (たば) りてその子生まはむ」〈・三八四〇〉

  1. 引用文の末尾に置かれ、引用句を形成して、「…すること」の意を表す。

    1. 「皇御孫命 (すめみまのみこと) のうづの幣帛 (みてぐら) を朝日の豊さか登りに称辞竟 (たたへごとを) へまつら―と宣る」〈祝詞・祈年祭〉

  1. 文末にあって、文全体を名詞止めの感動文とする。「…くに」「…くも」の形で用いられ、「…することよ」「…であることよ」の意を表す。

    1. 「苦しくも暮れ行く日かも吉野川清き河原を見れど飽かな―に」〈・一七二一〉

[補説]上二段・下二段・カ変・サ変の動詞および「つ」「ぬ」「しむ」などの助動詞には、その終止形の下に「く」と同じ意を表す「らく」が付く。ただし、上一段の「見る」には、その未然形に「らく」が付く。→らく(接尾)ク語法