出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]おろかなこと。ばかげたこと。また、そのさま。「愚を犯す」「愚な男」
    1. 「尾鰭 (おひれ) を附けて―な評判をしておった」〈魯庵社会百面相

[代]一人称の人代名詞。自分のことをへりくだっていう語。
    1. 「―案ずるに何様 (いかさま) 小姑というものは」〈紅葉・二人女房〉