くうかん‐りったいびょうが〔‐リツタイベウグワ〕【空間立体描画】 の意味

  1. 空中に立体映像を映し出すこと。また、その画像や技術。平成19年(2007)、独立行政法人産業技術総合研究所などが実験に成功。空気中の酸素窒素などの分子にレーザー光を当ててプラズマ化させ発光させることで、立体映像を作り出す。3D (スリーディー) ディスプレー。