出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]仏語。宇宙のすべての事物は実体がなく、その本性は空であるということ。また、それを悟った境地。
[名・形動]静かでもの寂しいこと。また、そのさま。
    1. 「―なうちにも血の湧くような心地 (こころもち) に帰るのであった」〈藤村破戒

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉