出典:デジタル大辞泉(小学館)

《心・愛情の意》イタリアの小説家デ=アミーチスの児童小説。1886年刊。12歳の少年エンリコの学校生活を、1年間の日記を通してつづったもの。邦訳名「愛の学校」。クオーレ。

[補説]作中にある先生の訓話「アペニン山脈からアンデス山脈まで」は、少年マルコがアルゼンチンにいる母に会うため旅をする物語で、日本では「母をたずねて」の名で知られる。

出典:青空文庫