出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「くがたち」「くかだち」とも》古代の裁判における真偽判定法。正邪を判断する場合、神に誓って熱湯の中に手を入れさせ、正の手はただれないが、邪の手はただれるとした。くか。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉