出典:デジタル大辞泉(小学館)

詩句の中で眼目となるところ。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉