出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 柱やくいを立て並べて、横に貫 (ぬき) を渡しただけの柵 (さく) 。

    1. 「そこはかとなくて、―といふものをぞ、片面 (かたおもて) にしわたしたりける」〈狭衣・三〉

  1. 釘貫門」に同じ。

    1. 「さてはと人の透間 (すきま) を見あはせ、―木隠れにてかの中間耳近く」〈浮・一代女・四〉