出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 杯を三献(3杯)ずつ三度差すこと。祝儀などでの正式の作法。三三九度 (さんさんくど) 。

    1. 「も一つ参れ舅 (しうと) 殿、三三 (さんさん) ―重なれば、後は酒宴の余りにて」〈狂言記・吟じ聟〉

  1. 酒をいう女房詞