出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 物事が生じるもとになるもの。たね。材料。原因。多く「ぐさ」と濁り、複合語として用いる。「語り種」「質種」

  1. たぐい。種類。

    1. 「唐土 (もろこし) 、高麗 (こま) と尽くしたる舞ども、―多かり」〈・紅葉賀〉

[接尾]助数詞。物の種類を数えるのに用いる。
    1. 「二―づつ合はせさせ給へ」〈・梅枝〉