出典:デジタル大辞泉(小学館)

クマツヅラ科の落葉低木。山野に生え、高さは1~3メートル。葉は倒卵形で先がとがり、悪臭がある。8、9月ごろ、萼 (がく) が赤紫色で花弁が白い花を多数つける。実は熟すと青色で、古くから染料に用いた。若葉は食用。くさぎり。 花=秋 実=秋》