出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸中期以降に流行した大衆的な絵入り小説本の総称。各ページに挿絵があり、多くは平仮名で書かれた。ふつう、大半紙半截 (はんせつ) 二つ折り、1巻1冊5丁(10ページ)で数冊を1部とする。表紙の色によって赤本黒本青本黄表紙と区別し、長編で合冊したものを合巻 (ごうかん) と称した。狭義には合巻だけをいうこともある。絵双紙。

出典:青空文庫