出典:デジタル大辞泉(小学館)

三種の神器の一。天叢雲剣 (あまのむらくものつるぎ) の別称。名は、日本武尊 (やまとたけるのみこと) が東征のおり、倭姫命 (やまとひめのみこと) から賜ったこの剣で草をなぎ払って難を逃れたのに由来し、のち熱田神宮に祭られたという。

[補説]「くさ」は「臭し」の語幹、「なぎ」は古く蛇を表す語で、蛇から出た剣の意とする説もある。
書名別項。→草薙の剣

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉