出典:デジタル大辞泉(小学館)

草の葉に置く露がすぐ消えるところから、人の命などのはかないことのたとえ。

「わが思ふ人は―なれやかくれば袖のまづそほつらむ」〈拾遺・恋二〉