出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「櫛 (くし) 」と同語源》

  1. 魚貝・獣肉・野菜などを刺し通して焼いたり干したりするのに用いる、先のとがった竹や鉄などの細長い棒。「串を打つ」「串を刺す」

  1. 細長くて、物を貫き通すのに用いるもの。

    1. 「その御幣の―に書き付けて奉りたりける」〈今昔・二四・五一〉

  1. ろうそくの芯。

    1. 「ちゃくちゃくと取れ蝋燭の―/貞徳」〈犬子集・一四〉