出典:デジタル大辞泉(小学館)

点取り俳諧で、点者が巻末に批評を書いて署名すること。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉