くじゅう‐さん〔クヂユウ‐〕【九重山】 の意味

  1. 大分県中西部にある火山群。主峰は久住 (くじゅう) 山阿蘇 (あそ) くじゅう国立公園の一部で、山麓 (さんろく) に飯田 (はんだ) 高原・久住高原があり、コケモモミヤマキリシマの群落は天然記念物。黒岳の原生林には男池 (おいけ) 湧水群がある。九重連山。