出典:デジタル大辞泉(小学館)

謡曲。五番目物藤原房前 (ふじわらのふささき) 讃岐 (さぬき) 国志度の浦で、わが子のために命に代えて宝珠を奪い返した母の霊に会い、供養する。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉