出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1193~1252]鎌倉前期の公卿。兼実 (かねざね) の孫。四男頼経を将軍として鎌倉に送り、また、公武協調策によって摂政・関白となり、権勢を得た。のち出家、不遇のうちに死去。日記「玉蘂 (ぎょくずい) 」がある。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉