出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]あま・し[ク]
  1. 砂糖や蜜 (みつ) のような味である。「あっちの水は苦 (にが) いぞ、こっちの水は―・いぞ」→五味 (ごみ) 

  1. 塩けが少ない。辛くない。「味つけが幾分―・かったようだ」⇔辛い

  1. 口当たりが穏やかで、刺激が少ない。酒の味などにいう。「―・いワイン」⇔辛い

  1. (味覚以外の感覚に転じて)

    1. ㋐蜜のようなにおいがする。「香水の―・い香り」

    2. ㋑話しぶりが巧みで、人をたぶらかすさま。うまい。「―・い言葉で誘う」

    3. ㋒心地よくうっとりさせるさま。「―・い声で囁 (ささや) く」「―・いマスクの男」

    4. ㋓恋人や夫婦が、仲がよく、幸せそうなさま。「―・い新婚生活」

    5. ㋔ファッションで、リボンやフリル、パステルカラーなどを用いて少女風のかわいらしさを強調しているさま。「―・い服を着こなす」

    1. ㋐厳しさに欠けているさま。また、くみしやすいさま。「子供に―・い親」「相手を―・く見たのが誤りだ」

    2. ㋑評価の基準が厳格でない。「―・い採点」⇔辛い

    3. ㋒しっかりした心構えができていない。「そんな―・い考えでは世間は渡れない」

  1. 楽しく、快いさま。「酸いも―・いも噛 (か) み分ける」

  1. 物事の機能が本来あるべき状態より衰えているさま。「このナイフの切れ味は少し―・い」「ねじが―・くなる」

  1. 株価の動きが鈍く低落気味だ。「―・い相場」

[派生]あまがる[動ラ五]あまさ[名]あまみ[名]