出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「くすねり」の略》松脂 (まつやに) を油で煮て練りまぜたもの。粘着力が強いので、弓の弦などに塗って補強するのに用いる。

「さらば―に練って練りとめておきまらせう」〈虎明狂・松脂〉