出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1294~1336]南北朝時代の武将。河内の土豪。後醍醐天皇の鎌倉幕府討伐計画に応じ、幕府軍を相手に奮戦。建武の中興の功績で河内の国守と守護を兼ね、和泉 (いずみ) 守護となった。のち、足利尊氏 (あしかがたかうじ) と摂津湊川 (みなとがわ) で戦い、敗死。大楠公 (だいなんこう) 。
直木三十五の時代小説。昭和7年(1932)刊行。