出典:デジタル大辞泉(小学館)

陰暦5月5日のこと。この日に薬玉 (くすだま) を掛けたからとも、薬狩りをしたからともいう。薬の日。 夏》

「ほととぎす鳴けども知らずあやめ草こぞ―のしるしなりける」〈貫之集