出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 不足なく十分に備わっていること。「円満具足」

    1. 「主格客格の―した本式の文句」〈柳田・国語の将来〉

  1. 武具。甲冑 (かっちゅう) 。特に、「当世 (とうせい) 具足」の略。

  1. 所有すること。

    1. 「四天下に七宝を満 (み) て干の子を―せんとす」〈今昔・一・一〉

  1. 引き連れること。

    1. 「―し奉り、ゆくへもしらぬ旅の空にてうき目を見せ奉らんもうたてかるべし」〈平家・七〉

  1. 道具。調度。

    1. 「手なれし―なども、心もなくて変はらず久しき、いと悲し」〈徒然・二九〉

出典:青空文庫