ぐそく‐もち【具足餅】 の意味

  1. 武家で、正月に鎧 (よろい) や兜 (かぶと) を飾って、その前に供えた鏡餅。正月11日にこれを食べて祝った。鎧餅。 新年》