出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「荘子」秋水から》管の穴から天をのぞくように、狭い見識を基準にして、大きな問題について自己流の判断を下すたとえ。管の穴から天 (てん) をのぞく。