出典:デジタル大辞泉(小学館)

口先だけなら、どんな大きなことでも言えるというたとえ。