出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 物の口を開けること。また、その時。くちきり。

  1. 物事・商売などのしはじめ。かわきり。

    1. 「旦那、―です、廓 (なか) までお安く参りましょう」〈荷風・祝盃〉

  1. 山・磯などの共有地の利用の禁を解くこと。また、その日。

  1. 能で、1曲が狂言方のせりふで始まること。狂言口開 (きょうげんくちあけ) 。

  1. 上方 (かみがた) で、歌舞伎の続き狂言の序幕のこと。

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉