出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 心に浮かぶことを独り言のように言うこと。

    1. 「ただ仏の御ことをのみ、寝言にも―にもしつつ行ふ」〈宇津保・春日詣〉

  1. むだ口。うわさ。悪口。

    1. 「異戯 (ことたはぶ) れ言 (ごと) はのたまふとも、このかかる―はさらに承らじ」〈宇津保・藤原の君〉