出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 銭納による口永 (くちえい) 

  1. 江戸時代、問屋が荷主や買い主から徴収した仲介手数料・運送料・保管料。こうせん。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉