くち‐づ・く【口付く】 の意味

  1. [動カ四]
  1. 言い慣れる。口癖になる。
    • 「皆人―・きたる物語なれば詳しく書きのぶるに及ばず」〈十訓抄・六〉
  1. 以前には食べられなかったものが口に慣れて食べられるようになる。〈日葡
  1. [動カ下二]くちづける」の文語形。