あま‐ぐ【雨具】 の意味

  1. 雨天の外出のとき使う、雨を防ぐものの総称。傘・長靴・レインコートなど。
  • 名詞
  • あま‐ぐ【雨具】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・あわれ、祖母に導かれて、振袖が、詰袖が、褄を取ったの、裳を引いたの、鼈甲の櫛の照々する、銀の簪の揺々するのが、真白な脛も露わに、友染の花の幻めいて、雨具もなしに、びしゃびしゃと、跣足で田舎の、山近な町の暗夜を辿る風情が、雨戸の破目を朦朧とし・・・

      泉鏡花「国貞えがく」

    • ・・・が、何、降るものと極れば、雨具の用意をするのは賢い。

      泉鏡花「伯爵の釵」

    • ・・・われに等しき避難者は、男女老幼、雨具も無きが多く、陸続として、約二十町の間を引ききりなしに渡り行くのである。

      伊藤左千夫「水害雑録」