出典:デジタル大辞泉(小学館)

狂言。酒の客をあしらうため、自分のまねをするように主人に言われた太郎冠者が、必要以上に主人のまねをする。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉