出典:デジタル大辞泉(小学館)

奈良時代に始まり、平安時代に広く用いられた漢文の暦本。暦日の下に歳位・星宿干支 (えと) ・吉凶などが詳しく注記してあるのでこの名がある。日ごとに2~3行の余白を設けてあるので、公家らが日記として利用した。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉