出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「あまぐも」とも》空の雲。

「―に近く光りて鳴る神の見れば恐 (かしこ) し見ねば悲しも」〈・一三六九〉