出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]判断力・理解力がにぶいこと。頭が悪くのろまなこと。また、そのさま。
  • 「二等と三等との区別さえも弁 (わきま) えない―な心が腹立たしかった」〈芥川・蜜柑〉
[派生]ぐどんさ[名]

出典:青空文庫