あい‐がき〔あひ‐〕【合欠/相欠】 の意味

  1. 梁 (はり) や根太 (ねだ) などを接ぐときに、それぞれの材の一端を同形に欠いて重ね合わせること。
  • 名詞